うつ病には薬よりもカウンセリングが効果的です

治療に必要な費用

治療にはどれくらいのお金が必要なのか

うつ病とはよく耳にすると思いますが、今新たに新型うつが話題となっています。新型うつも普通のうつ病と同じでなにをしても憂鬱で楽しくなかったり、集中力がなくなったり疲労感を感じやすくなります。違いというと嫌なことをしているときに症状が出たりなど、一見するとうつ病に見えないのが特徴なようです。新型うつを治療するには適切な治療が必要になりますが、気になるのはその治療費ですよね。うつ病になると仕事にも支障をきたし、働けなくなる方も出てくるので治療費が負担になってしまうこともあります。しかしそういった負担を軽減する制度があるのです。お住まいの市町村に申請することで、診療にかかる医療費の負担が1割で済みます。治療にかかる期間がはっきりとわからないうつ病にとってはありがたい制度です。

新型うつ病の歴史とは

あまり耳にしない新型うつですが新型うつとは通称で、正式名称は非定型うつ病といいます。これもあまり耳にすることはないかと思います。うつ病では症状から診断がしやすいのですが、新型うつ病ではなかなか診断が難しい場合もあるようです。自分の好きなことをしているときには症状が出にくいことがよの要因でしょう。そのため周囲の認知度が低かったのですが、近年新型うつ病も注目されるようになりました。その症状からやる気がないと捉えられたり、わがままな人と思われがちなのですが、実はうつ病の症状であると認識され始めたのです。それまで症状で悩んで自分でうつ病と思っていなかった人も、新型うつ病という言葉を知ることにより適切な治療ができるようになったのです。

新型うつ病は治療を続ければ治ります

新型うつ病は本人も病気だと気が付かないことも多いようです。しかしそのまま放置していると、退職や対人トラブルなどを起こしかねません。正しく治療すれば新型うつ病は治ります。まずは専門医に診察してもらいましょう。 治療には薬物療法と精神療法があります。薬物療法は抗うつ薬や抗不安薬が使用されます。これらの薬には、誤解されているような依存性や中毒性はありません。脳内の神経伝達系のバランスを整える薬です。 精神療法は医師や臨床心理士などと話をする中で、対人関係などを適切に行えるようにします。 どちらもの療法も即効性はありません。すこしづつ時間をかけて回復していきます。服薬などのことで不安な点があれば医師に相談して、根気強く治療を続けてください。

ページの上部へ