うつ病には薬よりもカウンセリングが効果的です

治療への意思

新型うつにゆとり世代が多いわけ

最近注目を集めている新型うつについて考えていきたいと思います。 まず、従来のうつ病は真面目で、頑張り屋さん、融通のきかない人がなりやすく、30代から上の人に多いそうです。 発症理由についても、突然の仕事上の失敗や、家庭環境の変化などによって自分自身をせめてしまい、うつ病を発症するケースが多いんだとか。 それに対して新型うつの場合は、いわゆるゆとり世代といわれる10代から20代に多くみられます。 依存性が高く、うつ病ということを公言します。そして、失敗やうまくいかないこと、病気もすべて人のせいにしてしまうことが多く見られるそうです。 自分は悪くない。病気だからしょうがない。仕事ができないのも仕事だからしょうがない。などなど、病気を理由にますます依存性が高くなっていくのが大きな特徴です。

依存からの脱却、克服方法はあるのか

この新型うつの実に厄介なところは、新型うつという病気そのものが患者さんにとっての依存の場所であり、できない、やらないことへの大義名分を与えてしまうところです。 病気という逃げ場があるため、ますます依存性が高まり、病気を治療しようという気持ちがなくなります。 病気だからできない。病気だから保護されて当たり前など、上手くいかないことのすべてを病気のせいにしてしまうと新型うつは抜け出せない病となってしまいます。 しかし、新型うつの症状が仮病かといえば決してそうではなく、従来のうつ病と同じように体の不調に悩まされ、自分はダメな人間だと感じ、自殺願望が出たりします。 繰り返しリストカットしてしまう人も多く、自分を傷つけてしまいます。 新型うつの場合はこのままではいけない。そろそろ頑張らないといけない。と少しづつ依存性から脱却し、自分自身を信じ、出来ることを増やしていく支援も必要になってきます。

ページの上部へ