うつ病には薬よりもカウンセリングが効果的です

治療に必要な費用

新型うつ病にかかってしまった場合、早めに治療をすることが勧められています。治療には健康保険が適用されるので、こういった制度もチェックしましょう。うつ状態が辛い患者の状態を治すために神経伝達を調べます。

Read More

現代に多い病気

現代に多い病気として、うつ病が挙げられます。新型うつ病は近年見つかった病気ですが、うつ病も同じく、当初はサボり癖であるとしか判断されていませんでした。自己チェックをすることで、早めに治すことが必要になります。

Read More

入院した時の費用

入院した場合、いくらかかるのでしょうか。

 国内でうつ病の世代診療発生分布を見ると、10代だけが少なく20〜80代は世代や男女に関係なく1〜3%発症しています。現代社会 において誰もがいつ発症してもおかしくない状態です。 かといって発症が分かり入院が必要と医師から告げられるまで入院費用のことは考えないことが一般的です。  平成23年度厚生労働省の調査では、うつ病での手術の有無に関わらず、平均入院日数は130日です。また3割負担の方は1日当たり4000円強の費用がかかります。よって窓口支払いは60万円近くかかってしまいます。高額療養費制度を使われた場合は約半額程度となります。  新型うつにかかる方に若年労働者もいます。仕事が出来ず家計に及ぼす負担が大きくなることも考えておかなければいけません。

新型うつを知らなければいけません。

 そもそも従来のうつと新型うつは区別して考えなければいけません。また新型うつ は専門用語ではなく理解のない人にとっては甘え病の意味を含んで使われています。  新型うつ病は、非定型うつ病でありそれぞれのタイプに分類されます。いずれも仕事や学校で嫌な思いをした時に症状が出るのが特徴です。周りからさぼっていると思われがちですが、本人も苦しんでいることを理解しなければいけません。  非定型うつ病の方は、新型うつを理由にその場から逃げているかもしれません。その場合、境界線パーソナリティ障害や適応障害などが隠れている場合があります。これらの症状は似ていますが、対策方法が異なります。  新型うつは、病気を治すという強い意志が大事です。周囲も小さな目標をクリアしていく過程を見守る必要があります。

新型うつ病は生活のリズムを整えることが大切です

現在新型うつ病にかかる人が若い人たちに増えているようです。 従来のうつ病は日常生活や仕事などがうまくいかないときに「自分を責める」ことでうつ病を発するのですが、新型うつ病はそれを「周りのせい」にするそうです。会社が悪いや上司が悪いなどと口癖のように言うようです。そして仕事中はうつだけど会社の外では元気というのです。そのため周りの人から見ると単なる甘えではないかと誤解されてしまうことが多いようです。 このような新型うつ病の対処としては規則正しい生活を送ることが大切になります。また従来のうつ病では休養を取ることが大切でしたが、新型うつの場合は昼間に目的をもって活動することがリズムの乱れを戻すのに大切です。目的は「この本を読もう」などという簡単なことで構わないのです。何かをしなくてはいけないという自覚を促すことが大切になります。

周りの取り組みや対応方法について

新型うつ病は若い人たちの間で増えている病気です。 ただこの病気は周りの人から見ると単なる甘えにみえることもあり誤解を生みやすい病気でもあるようです。 新型うつ病の人の特徴には「周りの人の言葉に敏感に反応する」ことです。そしてそれを自分が被害を受けたと感じる傾向にあり、その結果周りが悪いという反応を示すのです。 新型うつ病の対応の取り組みとしては、患者に自信をつけさせることが大切になってくるようです。本人が出来ることは本人にしてもらいそれが達成できたら評価をするということを繰り返す必要があります。小さな成功体験を積み重ねていくことが大切です。また遅刻や欠勤を繰り返すようであれば就業規則と照らし合わせ、会社の対応を客観的に伝えることが大切です。

従来のうつ病とは全く違います

新型うつ病と言う名前を聞くと、従来からあったうつ病の派生だろうと思われるかもしれませんが、症状がまったく違います。又、新型うつ病は正式な病名ではなく仮にそう呼んでいるだけで、まだまだ解明されていない部分も多い病気です。 従来のうつ病は、うつ状態が一日中続きます。すべて自分が悪いと思い込む自責の感情が強く無気力になります。食欲もなく、よく眠れなくなるなどの症状がでます。これらの症状は他人からもわかりやすく、うつ病の認知度も高まったせいか周囲の助けも得られやすくなってきています。 しかし新型うつ病は、会社にいる間だけうつ状態で、夜は趣味に没頭したり、気の合う仲間とは楽しい時間を過ごせます。そして自責の感情は薄く、他責の感情が強いようです。これらは一見すると怠けているようにも見えてしまい、周囲の理解や協力が得にくいものです。

治療への意思

新型うつ病の治療で最も困難でチェックすべきなのが、病気が逃げ場となってしまうことです。心の病は治すことが難しく、病気でいれば逃げ場が作れるといった側面があります。しかし、サボり癖との決定的な違いは辛さです。

Readmore

問題となる行動

病気を治療するために必要なことは周囲の認識と理解です。症状をチェックし、早めに治療することを勧めるのも周囲の力なのです。新型うつ病の場合、周囲の人の嫌悪感が大きな障害となります。

Readmore

症状の特徴

新型うつ病は、通常のうつ病と決定的にチェック項目が違うところがあります。それは会社や学校以外では元気を取り戻すということです。気分の落ち込みは特定の時に襲ってくるのです。

Readmore

ページの上部へ